『怒りっぽい子の特徴を知る』

pose_kansyaku_jidanda

こんにちは!


最近よく聞く”キレやすい”という言葉。
ちょっとしたことで怒りやすいようですが、
怒りにも3通りあるのを知っていますか?

これを知らないでいると、

子どもの怒りに対しての
対処法が違ってしまい、

いつまで経っても同じ繰り返しになります。

まずは、お子さんの怒りの矛先が

どこに向きやすいのかみて下さい。


1.自分に対して
2.相手に対して
3.自分と相手に対して

nhdxi74njto8j5j_18616_s

 

1の場合、怒りが自分に向いてしまい、
イライラする状態になるか、その怒りを溜めてしまいます。
まずは、自分の思ったことを口に出し、
溜めない練習からしてみて下さい。 
 

2は、親分肌タイプに多く、上手く出来ないお友達に対して
イライラして、自分がなんとかしてあげたいと思うのが
怒りに見えるのです。まずは、落ち着くまで待って
それから最後まで話に耳を傾けるようにして下さい。 
 

3は、自分の中でのマイルールが厳しいので、
出来ない自分や周りに対してイライラします。
失敗しても大丈夫という安心感を与え、
プレッシャーを与えないようにして下さい。

unnamed-19


 

性格によっても怒り方はいろいろ。
それに合ったサポートをしてあげたいですね。