育児ストレスcheck

Surprised!
Surprised! / Beta-J

育児力ストレスチェック

子育ては、24時間365日休みがありません。家事もやらなくてはいけないので、目も回る忙しさです。その中で、思い通りにいかなかったり、時間に追われたりするとストレスも更に増します。
まずは育児ストレスチェックで、目に見えない自分のストレスを知りましょう。

育児力ストレス11チェック

①自分のために使う時間がない
②子どもを他の子どもと比べてしまう
③子どもの成長が気になり、すぐ育児書やネットで調べてしまう
④ちょっとしたことで、子どもにすぐ大きな声を出してしまう
⑤待ってあげる余裕がない
⑥子どもを預けられる場所がない
⑦子育てについて、相談する相手がいない
⑧夫が育児に協力してくれない
⑨めまいや頭痛、肩こりなど身体に不調がある
⑩何もかも投げ出したくなる
⑪子どもを怒る時、手をあげてしまう

育児ストレスをあまり感じていない(0~3個)

当てはまるチェック項目が0〜3個のあなたはストレス度は低いです。上手にストレスを発散できています。子どもにも落ち着いた態度で接していますね。
物事を一人で抱え込まず、周りの助けを借りながら上手に乗り切っています。しかしこれから成長と共に様々な変化が起こるので、油断はしないでくださいね。

育児ストレスを少し感じている(4~6個)

当てはまるチェック項目が4〜6個のあなたはストレス度は中程度です。少しストレスがたまっていますね。子育ては、母親一人でするものではありません。
周りの人に相談し、協力を得ながら行います。ストレスがたまって爆発する前に、発散方法を考えましょう。

育児ストレスをかなり感じている(7個以上)

当てはまるチェック項目が7個以上のあなたはストレス度は高いです。かなりストレスがたまっています。早急な対策が必要です。何もかも抱え込み、一人で頑張りすぎていませんか?
周りの人にお願いできるところは頼み、少し自分のために使う時間を作り、ストレスを溜め込まないで、発散しましょうね。

さあ、いくつのチェック項目が当てはまりましたか? 育児ストレスは自分ではなかなか気づきにくいものですが、客観的にチェックすると目に見えて理解ができますよね。
それでは引き続き、育児ストレスを解消する方法をご紹介します。

育児ストレス解消のための具体的な3つの方法

Family photo
Family photo / Kevin Cramer 2012

育児をするのは、母親の仕事と思っていませんか?そして、ストレスを抱えこんでしまう方の多くは、きちんと育てなければと真面目に子どもと向き合っている人です。

ストレスを抱えていると笑顔が消え、口調もきつくなり、子どもにもイライラしているのが伝わります。そして子どももそれをみてぐずり、どんどん悪い方向へいきます。

そこで少しでも育児ストレスを軽減するのに効果的な方法をご紹介します。

育児ストレスを解消するための3つの方法

方法1 自分と同じ子育てをしているママ友を作る

子どもを育てるのは、思った以上に大変ということがわかったのは、実際に子育てをしてからではないですか?
グチや相談するのも育児経験のある人、そして今まさに子育て中のママです。公園や習い事、地域の活動を通して、気の合うママ友をみつけましょう。

方法2 家族への呼びかけ・言葉遣いを変える

あれもこれもやらなくてはいけない、でも時間もないし、そんな時に限って子どもはぐずる・・・子育ては一人でするのではなく、家族の協力も必要です。
「やって!」という言い方ではなく、「〜してくれたら嬉しいんだけど、お願いできるかな?」など、相手に気持ち良く引き受けてもらえるよう、言い方に注意しながら協力してもらいましょう。

方法3 自分の時間を1日30分作る

自分の好きだったこと、夢中になっていたこと忘れていませんか?夜子どもが寝てからなど、自分の時間に充ててみませんか?
好きなことをしている時は、脳内からセロトニン、またの名を幸せホルモンが出て落ち着きや眠気のような静的な「快」をあたえます。
自分がストレスがない状態だと周りにも優しくできますね。是非、自分の時間を1日30分で良いので作ってみましょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 090-2310-3153 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © kids-renaissance All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.