『褒めるポイント』

unnamed

 

こんにちは!

できないことが出来るようになった時、
目標を達成した時の子どもの笑顔は、可愛いですね。
大人だってそう、褒められれば嬉しい!

だけど、目の前の結果だけを褒めていると、
子どもは


「結果が悪いと親は自分を認めてくれない!」

 

と思ってしまうんです。

そして、結果が悪いと親の顔色を伺うようになります。

yjimage-6


褒めるポイントは、
1.わからなかったことが理解できるようになった
2.理解できるようになって練習を積み重ねて、早くなった
3.何度も練習をする習慣がついた   などなど

 

それを性格に合わせて、その子に響くように伝えるのです。
人間は、心があります。
誰にでも同じ褒め方をしていても、響く子と響かない子がいます!

 

どうせ褒めるなら、その子がもっとやる気になる言葉を
かけてあげたいですね!