『個性の尊重がわがままになってしまう理由』

thumbnail_yjimage_5

こんにちは!


「子どもの個性を伸ばして、

好きなことをする時間をたくさん取る!」

というと、ず〜っとそれだけでは心配。
そしてやりたい放題で、わがままになっちゃった・・
という声を聞きます。
 
 
前にも書きましたが、自由と放任は違います。
自由の中には、ルールがあります。

 

そのルールは、親の思う決め事ではなく、
子どもの性格に合ったものを取り入れると、
子どもの成長にも一役買ってくれます。 

pose_genki02_girl

例えば、

「楽しさを求めて計画するタイプの子」は、

あちこち気が移りやすく、

やりたいことがたくさんありますが、
やり終えた後には、

しなくてはいけないことをする約束をし、
その計画を立てるようにします。

 

逆に

「完全であろうとする子」には、

やりたい遊びも根詰めてやりすぎてしまうので、
今日はここまでと決めてリラックスする時間を作ること。

できていることより、不足のことに目がいくので、
できたことの方に目を向けてあげて下さい。

 

個性を伸ばす自由のルールの決め方、
その子に合っていますか?