『大きくなった時に困らない自分力のつけ方』

unnamed


何から何までお世話していたのも、

少しずつ色々なことが
できるようになり、段々手が離れてきます。
集団生活に入ると、見るもの、聞くもの、

関わる人、様々な経験をしていきます。
 

Aくんは、大人しいタイプ。
困った時はママがでてきて、何でもやってあげていました。
小学生になり、困った時泣いて帰ってくるAくんに、
ママは学校に電話をかけ文句を言うばかりでした。

yjimage 

Aくんの性格は、

「のんびりしていて調和を大事にする子」


まず、自己主張ができず、物事に時間がかかるので、
ママにやってあげたい気持ちを我慢してもらいました!


そして、どうしたいのか?どうしたらいいのか?

それには何が必要か?を
一緒に考える姿勢をとってもらいました。 
 

次第に意思表示ができるようになり、
自分で考えて、行動する癖がついてきました。
 

pose_genki03_man

 

いつまでも親は子どもと一緒に行動を共にできません。

問題が起きた時自分で解決できる自分力をつけるには、
小さい頃から困った時に、やってあげるのではなく、
一緒にどうしたらいいのか?を考える癖
つけてあげたいですね。